2013年01月30日

かつを基礎知識、そして削り方

 さてさて、先ずはかつをの基礎知識です。

 かつを節には雄節と雌節があります。
 雄節は背側の節、雌節は腹側の節です。

 katsuwo.jpg
 そして当然のことながら頭側と尻尾側があるわけです。
 コレ重要。
 削る際に向きがあるのですわ。

 以下、押して削る場合で説明します。
 muki2.jpg
 頭側が手前になるようにしっかり持ち押して削ります、逆だと粉になったり刃が欠けたりします。
 一般には、かつを節が大きいうちは押して削り、てのひらサイズになったら引いて削ればよいと言われていますがやりやすい方でいいと思います。 くれぐれも怪我に気をつけて。

 また後述しますが、削り初めは面がないため粉っぽくなりますが、だんだん幅広く削れる様になります。

 新しいかつを節は、表面のカビを乾いた布で拭き取ります(無害なカビなので、残っていてもOK)
 湿った布はNGです。
 使い終わったかつをはジップロック等に入れて冷蔵庫にて保存します。


 

 
 本日はここまで、次回は刃物の調整デス。
 

 
posted by okutakatsuo at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。