2013年01月29日

かんなの扱い その壱

 奥山貴之商店かつをぶし削りは試し削りをして納品しておりますので、基本的にはそのまま使い初められます。
 が、使っているうちに刃は切れ止むし、湿度によってかんな台が変形して削れなくなってきます。

 ということで、今回からかんなの扱いについて。

 1:刃の出し入れ 
 kannna1.jpg
 刃を出す時は1を叩きます。 刃が平行に出ていなければ2を叩いて調整。
 逆に刃を引っ込める時は3を叩きます。 刃が抜けた時に落ちないように4のように人差し指を添えるのをお忘れ無く。

 2:かんな台調整
 かんな台は木製のため湿度によって変形します。 基本的には下端(刃が出る、かつをのすべる面)が平らになっていれば削れます。
 刃を少し引っ込めて、下端に縦横斜めに定規をあてて変形していないかチェックします。

 kannna2.jpg
 もし変形している場合は下端に鉛筆で斜線を書いて、
 kannna3.jpg
 ガラスなど平らな面にサンドペーパー320番程度を敷いて斜線が消えるまで削って平らにしてやります。

 もっとつっこんだ応用編は後述します。

 そしてかんなの扱い、刃編は長くなるので次回。
 
posted by okutakatsuo at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。