2013年01月28日

かんなの扱い その弐

 かんなの扱い 刃物編です。

 砥石はホームセンター定番の
 toisi1.jpg
 キング砥石 中砥 #1000
 toisi2.jpg
 キング砥石 超仕上げ S-1 #6000
 でよいと思います。
 砥石は使用前に水に浸しておきますが、時間はそれぞれの説明書に従ってください。

 さてさて、研ぎ方。
 通常のかんなと違い、かつを節は固いので”二段研ぎ”のほうがよいと思われます。
 ha1.jpg
 図の赤いところを研ぎます。 要は鈍角にして刃を欠けにくくするっちゅうこと。
 納品時の角度を参考にしてください。
 ha2.jpg
 注意点としては、鈍角に研ぎすぎて刃先ではなく図の矢印の部分がかつをにあたると削れません。

 そんなにちゃんと研げないよ、というあなたに朗報。
 jigu1.jpg
 刃物研ぎ治具。
 jigu2.jpg
 jigu3.jpg
 ローラーがついてて一定の角度で研げるスグレモノ。
 ”ミツトモ製作所 シャープニングガイド”で検索したらヒットしますし、一部ホームセンターでも取り扱っています。

 では、いよいよ次回研いでみますか。
 
 
posted by okutakatsuo at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。